滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2010年3月2日

米原駅西口サイクルポート(おのぼりさんの東京番外)

よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

2月17,18日と久しぶりに東京へ行ってきました。
(社)文教施設協会の耐震補強マニュアル講習会を受講するためである。

初日の講義が朝10:00から、またご多分に漏れず私の会社も緊縮財政ということなので、
一度、深夜の高速バスを使って東京へ行く事にした。
バス停はJR米原駅、出発が23:35、東京の池袋に6:00過ぎに着いて、
新幹線が12,060円の所を6,830円で行ける(片道)。
娘が一度、東京ディズニーーランドへ遊びに行く時に使ったので、
見送りに行くのを含めると深夜の米原駅は2度目の事となる。
50過ぎの身体にはきついか?、と思われたが、寝れたような寝れなかったようなでも、
その日一日は、何とか過ごせた。

そのJR米原駅には、前に一度行った時に気になった建物がある。
100217maibara.JPG
西口にあるサイクルポート(自転車置場)だ。
亜鉛メッキのコルゲートパイプの屋根が壁まで曲がって繋がっている、
その他の部材も全て鉄の亜鉛メッキ、階段もスロープもスパイラル状に2Fへ上っている。
プリミティブな素材に、形で勝負という建築で、私の好みである。
深夜の暗い街灯にも何だか似合う気がする。
ブログにUPするので調べたら、遠藤秀平さんという建築家の初期の作品だった。

関連HP

遠藤秀平建築研究所オフィシャルサイト
うらくんのページ>Architectureのページ>遠藤秀平のページ

MYブログ おのぼりさんの東京 (2010/2/17~18)

◎10/02/22 No1 東京は「デカ」なのである
◎10/02/23 No2 東京はカッコイイのである
◎10/02/25 No3 オーディオテクニカ・テクニカハウス
◎10/02/26 No4 明治のきらめき、旧岩崎本邸
◎10/02/27 No5 赤門をくぐって安藤詣で
◎10/03/01 No6 ビルの外観保存修景
◎10/03/02 番外 米原駅西口サイクルポート

以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築トップページへはこちらから ◎ブログランキングblogram投票ボタンbanner2.gif 
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ
◎ はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込、940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ