琵琶湖に別荘・セカンドハウスを建てるなら

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2009年7月9日

信じられない、上海マンション倒壊の原因

上海マンション倒壊の原因発表がニュースになった。
ケンプラッツ>建築・住宅トップ > 記事>上海のマンション倒壊、「原因は掘削や盛り土」

 中国・上海で6月27日に発生した建設中の13階建てマンションの倒壊事故。上海市政府は7月3日に記者会見を開き、「マンション北側の盛り土や南側の土砂掘削によって、土圧の不均衡を招いたことが倒壊の原因」と推定し、施工に問題があったとの見方を示した。「建物の構造設計や、基礎杭の材質などに問題はない」とも説明した。

とのこと。      とても信じられない。

13階建てにしては、杭の太さや本数が少ないように見受けられる、などということはさておいても

・あのような破損状況で、鉄筋がほとんど見えない破壊の仕方をする杭など考えられない。
・仮に打ち込み工法なら、あのような杭は、施工中に壊れそう。
・アースオーガー工法なら、周りにベントナイト液(セメントのようなもの)が
 一杯くっついていないとおかしい。

杭工事とは名ばかりの、穴を掘ってそっと埋めた無筋に近い杭、としか思えない。
あの基礎杭の顕れた状態だけ見ても、日本の建築技術の常識からかけ離れている。
その点だけ見ても、(倒壊の直接的原因は盛土・切土にあったにせよ)
「構造設計(杭施工工法の指定は構造設計の一部)や、基礎杭の材質などに問題はない」
などとは到底考えられない。
何だか、中国の官僚組織の悪い面が現れた経過発表のようなきがする。
近傍のマンションの購入者のために、また中国の建築技術の発展普及のために、
私の常識から判断するとこの誤った調査結果が、
将来にわたり別の無辜の人間に災いをもたらさないためにも
日本どこかのオフィシャルな機関が、
その発表内容について疑問を差しはさんでくれは、しないだろうか?

関連MYブログ
◎09/06/28昨日、上海の高層マンションが地震でもないのに倒れた
◎08/05/19四川関連の地震報道を笑う。あまり笑ってもいられないのですが
◎04/10/30地震と建築構造法規は追いかけっこ(15.8.3) (16.10.30追加)
ランキング、ポチッと一つお願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへblogram投票ボタンbanner2.gif 
以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ
◎ はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込、940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから
地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ