滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
1994年12月31日

神戸、北野町界隈の安藤忠雄氏の建物群

新建築の住吉の長屋に感動し、自前で買ったはじめての一眼レフで、
北野町界隈のローズガーデン・北野アレイ・リンズギャラリーなどを、
DCブランドの服には目もくれず、一人でうろうろ建築の写真を撮っていた私としては、
この前、十数年ぶりに訪れたそこは、さみしい限りでした。

ある建物は閉鎖され、
またある建物には、カラオケのネオンサインや、コンビニの電照看板が。
その建物群は、KENZOやKOSHINO JUNKOなどという、
当時の消費行動の先端となった個店ブランドショップという商業形式が、
商品の力が弱くなったこと、
アウトレットモールなどの大規模商業施設へ消費行動が変化してしまったこと、
その二つの影響をもろにうけた、ヌケガラの群れでした。

浜野商品研究所さん、
商業は流行の流れに乗ってどこかでまた活動すればいいのかもしれませんが、
建物はそういうわけにはいきません。
しかし、あの建物たちは、この冬の時代を通り越し、地元に密着した施設として
もう少し長生きしてもらいたい。
上質な建物は、用途が変わったとて、上質であることには変わりがありませんから。

註) ハイソサエティな雰囲気のある土地柄+DCブランドの個別専門店+有能な建築家のSHOP設計、という三位一体が、建設当時の浜野商品研究所という企画会社の服飾品販売のコンセプトでした。そして、この時代の辺りから、建築家が万能ではなく、建築プロデュース・建築の企画ということが、もう一つ別の職種のジャンルとして、専門家や発注者の間で認識され始めたようなきがします。
(09/07/18加筆修正)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます
ほんだ建築トップページへ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ