滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2011年7月25日

JR桜の宮駅、大川橋上から、OBP・OAPを眺める

よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いしますにほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
====================================

子どもの大学の就職・学修説明会というのが、大阪の帝国ホテルで開催された。
帰りの道すがら、JR桜の宮駅手前、大川橋上から、OBP・OAPを眺める。

このあたりの景色を眺めるといろいろな感慨がある。

右側がOAP(大阪アメニティパーク)
右端から、帝国ホテル大阪、ビジネスタワー、高層マンションの巨大再開発。
元々は三菱金属の工場跡地。マンション敷地の土壌汚染が数年前ニュースになった場所である。
青い炎の日記>三菱地所の対応
三菱地所㈱>OAP問題に関するご報告
三菱地所の報告によると、
ニュースにはならなかったが、その後かなり大規模な対策工事がなされたようである。
また、帝国ホテル大阪やOAPは、かなりグレードの高いビルや再開発にもかかわらず、
三菱地所の実績にはUPされていないのもそのせいだろうか?

左側奥が、OBP(大阪ビジネスパーク)
クリスタルタワー・松下IMPビル・松下ツインタワーが見える。
ここは、元々、大日本帝国陸軍の大阪砲兵工廠の跡地。
私としては、
小松左京さんの日本アパッチ族という小説の舞台
(砲兵工廠跡地の無法地帯のような荒地を、屑鉄屋が跋扈する。そしてその屑鉄屋が・・・)
が、今のようにきれいになった。
というか、あの高層ビル群が出来るまでは、戦後からほとんど手付かずだったらしい
ということで何だか覚えている場所である。
WIKI-大阪砲兵工廠によると、それ以外にも、様々な作品の舞台となった場所らしい。

また、中央に小さく大阪城が見える。何だか、現代文明の強大さを表しているようだ。
(下の写真は、上にあった写真のクローズアップ)

追記7/29 ムシの知らせということはあるのだろうか?
小松さんの作品は、若い頃沢山読んだ気がする。
このブログを書いた翌日に小松左京さんは亡くなられました。80歳、合掌。

関連HP & MYブログ

株式会社イオ・小松左京事務所(小松左京の全作品について著作権管理)
小松左京研究会(小松左京ホームページ)
帝国ホテル大阪オフィシャルHP
㈱三菱地所設計
◎MYブログ11/07/24 建築家は死んでスタイルを残す・帝国ホテル大阪

=======以下は、私の仕事のコマーシャル===================
ほんだ建築トップページへはこちらから ◎ブログランキングblogram投票ボタン banner2.gif
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ
◎ はじめて家を と考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込、940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
========================================

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ