滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2009年10月11日

建物の真ん中のあたりの雨漏り(少し変わった雨漏りの経験)

昨日、雨漏りのことを書いたらもう20年以上前のことを思い出してしまいました。
設計監理をした、3階建の建物。
独立して間もない頃で、思い入れもあった建物なのですが、
完成してから、何度か、水漏れがするとのお電話。
3階建の鉄骨の建物で、2階の天井それも建物の真ん中あたりでの水漏れなので、
施工会社さんと、どこか給排水配管の欠陥か結露かと
天井裏をその度に見せていただくのですが、どうも原因がわからない。
何度目かの折にやっとわかった原因が、外壁の欠陥でした。
アルミサッシ出窓周りのコーキング不良から、建物内に雨水が浸入し、
その雨水が偶然、天井軽天地の凹型の中に
うまく入るようなルートが出来てしまっていて、
そのある一本の軽天地が樋のような役割を果たし、漏水箇所から遠く離れた
建物の真ん中のあたりのその軽天地の切れた部分から雨水が落ちていたのです。
外壁のコーキングの施工不良個所の修繕を終え、事なきを得たのですが、
完成してから数ヶ月間、何だかいつも胃の中に異物が残っているような、
いやな感じで過ごしたのを覚えています。
木造の建物の雨漏りは、原因と結果がわかりやすいことが多いのですが
鉄骨や鉄筋コンクリートの建物は、中々わからないことがあります。

ポチッと一つお願いしますにほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへblogram投票ボタンbanner2.gifレビュープラス
以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ
◎ はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込、940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから
地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ