滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2014年5月17日

申請業務の日常などを一つ

住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)致します(インフォメーション08/02/11)
実績詳細追加しました。
滋賀県立大学,田の浦ファンクラブ滋賀サポートチームが関わっている震災復興プロジェクトlink
私が設計したモデルハウスが売り出されます(高島の木の家づくりCM)
====================================

仕事で大津地方法務局へ行く。その食堂で昼食。
国直轄の施設の食堂は、中々おせっかいだと思ったりしたのである。

以下、ちょっとマニアックな申請業務の日常などを。
仕事の内容は、旧志賀町の開発調整区域での建築申請の件。

その前に大津市役所担当課へ行ってちょっと驚き。
建設地へ住む前は賃貸に住んでいた事を証明するURとの賃貸契約書を提示すると、
その所在を証明する記載事項証明を上げなさい、とのこと。
大津市をさんをニセの賃貸契約で騙すヤツがいたんだろうな。
でもURの賃貸契約書を疑ってもらっても、と思いつつ法務局へ。

大津の法務局って他府県の謄本もとれるんですね。初めて知りました。

CA3K0021

==========以下は、私の仕事のコマーシャル link===========
ほんだ建築トップページへはこちらから ◎ブログランキングbanner2.gifblogram投票ボタン
ほんだ建築工事進捗ブログ
はじめて家をと考えている方へ『打合せをうまく進めたい』

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。また、地元で長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
=======================================

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ