滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2012年11月29日

新しい工事の始まり。平板載荷試験の様子

滋賀県立大学,田の浦ファンクラブ滋賀サポートチームが関わっている震災復興プロジェクトlink
安土城博物館企画展、暮らしが生んだ絶景
≒100%高島産の木と高島の職人による家づくり>モデルハウス完成(設計監理担当)
よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いしますにほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
====================================

新しい工事の始まり。
砕石の柱状改良をしました。その後の、平板載荷試験の様子。
柱状改良の改良した工事部分のデータを取るのが本来なのですが、
無理を言って、普通のところはどれくらいになる?
といって、改良していない個所でのデータを取ってもらいました。
結果、改良したところとそんなに大きく変わらない。
表層の盛土部分(約1m)は、
工事後35年ほど経過し、スウェーデンサウンディング試験でもかなりいい値。
その下の元の田んぼ部分の地盤が1.5mくらいかなり悪い。
平板載荷試験では、表面部分の地層のファクターが大きくなるからではないか、
とのことでした。


==========以下は、私の仕事のコマーシャル link===========
ほんだ建築トップページへはこちらから ◎ブログランキングbanner2.gifblogram投票ボタン
ほんだ建築工事進捗ブログ
はじめて家をと考えている方へ『打合せをうまく進めたい』
土地込み940万円のセカンドハウスのプラン (インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)します(インフォメーション08/02/11)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。また、地元で長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
=======================================

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ