滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2008年8月25日

マキノ町在原の百日紅(サルスベリ)

近頃更新がされていないので、身の回りのことなどを。私の家の菩提寺である、
マキノ町在原正法院の大きくて見事な百日紅(サルスベリ)が咲いています。
改めて文字にすると、音の方はその木の幹がつるつるしてサルも登れないという様子を、
漢字の方は夏の間中きれいな花を咲かせ続ける様子を意味していて、何だか面白いと感じます。
そのサルスベリは、標高が高いせいか、お盆のお参りの時にはまだ花を付けていませんでした。
080824tera1.JPG
村の古老の説明によると、手前の枯れた幹は、先代のサルスベリとのこと。
小さなお寺ですが、地元に長く根付いているのだと、改めて思いました。
080824tera2.JPG
ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 地域生活ブログ 滋賀情報へ

以下、私の仕事のコマーシャルです。

土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから


地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ住宅建築は個人ができる大きくて身近な地域振興でもあります。

ハウスメーカーの保証。遠くの保証より、電話一本ですぐの距離にある工務店の方がレスポンス
がいいハズ。地元で長く続けられている会社はその辺の対応もしっかりしているものです。
ハウスメーカー
を選択肢から外して、家作りを考えてみませんか。