滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2007年11月18日

マキノの雪 (H16.2.11)

◎過去の積雪
2003~04 http://hondakenchiku.com/yuki04.htm
2004~05 http://hondakenchiku.com/yuki05.htm
2005~06 http://hondakenchiku.com/yuki06.htm(気象庁が「平成18年豪雪」と命名した年)
2006~07 http://hondakenchiku.com/yuki07.htm(気象庁が「記録的暖冬」と発表した年)
2007~08 http://hondakenchiku.com/yuki08.htm
2008~09 http://hondakenchiku.com/yuki09.htm

初雪は12月の初旬、一度「勤労感謝の日」に降ったことがあります。
私の記憶の中では、その11月23日が一番早い里の初雪です。
地元では、「山に雪が二度降ると、三度目は里に降る」と言い慣わされています。
それから、何度かは降りますが、根雪になることはありません。
お正月には、雪はあったりなかったりです。
1月14日に、「どんどや」(正月の注連縄や書初めなどを燃やす行事)があり、
竹や藁を集めて、それを作るのが、当時の子供の役目でした。
その時にはいつも、あかぎれの手で川の土手から竹を切って雪の上を運んだ、
ちょっとつらかった思い出があります。
そんな子供の頃の記憶から、マキノの里で根雪になるのは、1月の10日前後から2月の下旬まで
と、雪のことについて聞かれると答えています。
しかし、この頃は暖冬の年も多く、今年のように根雪のない冬もあります。
今年も、1月に雨が降りました。
前は、真冬には雨なんか降らなかったのに、
これも、温暖化の一つの表れかなー、とも思っています。
3月になると、雪は降ることはありますが、
継続的に積もることはほとんどありません。
冬の最後の寒波が、毎年3月の中旬から下旬にあり、
その時に、降るのがほぼ最後の雪になります。
過去にはあるかもしれませんが、4月に雪が積もったことは、私の記憶の中にはありません。
数年前、遅くまで寒波が続いた年、
ゴールデンウィークに、箱館山近くの林道沿、山の北斜面の林の下、日の当たらない所で、
小さく固まった雪を見たことがあります。
それが、この近辺で雪を見た最も遅いものです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます
ほんだ建築トップページへ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――