滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2009年1月11日

雪がしんしんと降る(09/01/11)

早朝、何故か目が覚める(何故かというより歳のせい)
静かである。
窓の外を見ると雪、昨日までは全くなかったのに、屋根の上に30cmくらいにもなっている。
雪の多く積もる晩は静かである。
吹雪の時は、寒いことは寒いが思うほどは積もらない。
風も吹かず、垂直に落ちてくる雪の粒と、地面に積もった雪のじゅうたん、
その全てが吸音材になっているのか、シンとして本当に無音である。
そんな独特の静けさを感じて窓を開けたら、やっぱり雪でした。
こんな夜が、年に一・二回はある。
090111ie.JPG

ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 地域生活ブログ 滋賀情報へ

以下、私の仕事のコマーシャルです。

ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから


地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか。