滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

琵琶湖に別荘・セカンドハウスを建てるならお問い合わせ

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • 遊休別荘の宿泊施設トータルサポートサービス リ・コテージ

施工事例

施工事例

SK邸

SK邸
  • SK邸

    敷地東側からの眺望 手前に百瀬川 奥には琵琶湖に浮かぶ竹生島

  • SK邸

    南西からの外観 複雑そうに見える屋根は、すべて繋がっています

  • SK邸

    倉庫(3.6帖)は開口の大きな3連引戸

  • SK邸

    前面道路から玄関まではバリアフリー

  • SK邸

    玄関は無く、直接LDK(26.6帖)にアクセス

  • SK邸

    入ってすぐ右手に多目的流し 右の引戸からユーティリティに

  • SK邸

    I型キッチンと、お施主様ご要望のFF式灯油ストーブ FF式は 屋外の灯油タンクと繋がっており、燃焼ガスなどを屋外に排出するため、屋内の空気をクリーンに保ちます

  • SK邸

    LDKには幅2500×高さ1170のフィックス窓とテラス窓 フィックス窓の側にテーブルを置き、景色を眺めながらコーヒーを楽しむと仰っていました

  • SK邸

    窓からの景色 空いた東側には木が残ります

  • SK邸

    LDK 天井は屋根勾配に合わせ、杉小巾板張り照明はお施主様が好きなものを配置できるようにダクトレールを

  • SK邸

    LDKとトイレ 2階の構造用合板と床梁はあらわしとしました

  • SK邸

    階段と奥に寝室(7帖) からも琵琶湖と竹生島を望めます

  • SK邸

    ユーティリティ(3.6帖) お施主様の要望で、トイレは2つ、シャワーボックスのみ 

  • SK邸

    2階(12.7帖) 今回はコストの関係で仕上げは無しに 住みながら利用状況に即して工事をする予定です

  • SK邸

    上棟の様子

  • SK邸

    びわ湖材(滋賀県産材)を活用しました

DATA
所在:
高島市マキノ町
敷地面積:
503.64㎡ (152.05坪)
延床面積:
114.06㎡ (34.43坪)
構造階数:
木造軸組在来工法 2階建
設計期間:
2020年8月~
施工期間:
2020年11月~2021年3月

関連MYブログなど
昨日は建前日和でした

お施主様は愛知県にお住まいのご夫妻。
東に琵琶湖、竹生島を見下ろす山の中腹部が敷地です。眼下には百瀬川が流れます。

ご夫妻の要望としては
・景観を楽しむ窓
・雪の日でも出入りしやすい配置
・屋外と屋内に広い物置
・木材に囲まれたような雰囲気にしたい
・肌触りのよさと掃除のしやすさが良い建材を用いたい
がありました。

設計するにあたり、
・景観を楽しむためのコストを踏まえて最大限大きな窓

・冬の積雪を考え、断熱・気密はしっかり確保する

・車やバイクを降りてから玄関まで、雨や雪で濡れないバリアフリーの導線

・コストを下げるために、手が触れにくい部分は構造材をそのまま仕上げとし、

・集成材や複合フローリング、木目クロスを用いて施工しやすく、肌触りは良い上、掃除もしやすい仕上げにする
といったことをお施主様と相談して決めていきました。

間取りはお施主様が最初にお描きになったものをベースに、決めていきました。
立面図や断面図を提示し、吹き抜けのあるLDKや大屋根のバランスを決めました。
屋外の屋根や倉庫も含め、全てプレカット加工で軸組を構成することで、コストも下げつつ、屋内外を緩やかに繋げました。

◎仕上
床 :複合フローリング (ウッドワン コンビットブラッシングオークV152)
巾木:既製品
壁 :クロス
廻縁:ツガ10×15
天井:クロス、構造用合板・梁をあらわし、杉小巾板
窓枠:集成材
外壁:焼杉板t10
屋根:ガルバリウム鋼板横葺
サッシ:アルミ樹脂複合窓 (YKK エピソードNEO)

◎ウレタンフォーム吹付断熱
天井:120mm
壁 :75mm


TOPへ