滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2018年12月24日

今津で見つけた珍しい瓦の外壁仕上

とある蔵、二題。二方角桟付き壁用平瓦(私が命名)
今まで見たことがない蔵の外壁仕上材料。滋賀県の今津周辺だけのものなのだろうか?
壁に瓦を貼る手法は、よくある、有名なのは倉敷や金沢城など。しかしそれらはいずれも、平瓦の継ぎ目をしっくいで押さえるもので、この写真のように変わった断面の形状の瓦を使い、「しっくい継ぎ目なし」のものではない。こんなのは初めて見た気がする。

img_4870

たまたま欠けてたとこがあるので瓦の納まりがよく分かる。
img_4873

もう一つの蔵 側面
img_4881

妻面 こちらは菱貼り模様。雨仕舞的にはこの貼り方が一番合理的かなー、と思う。
蔵の窓も尻尾の毛がふさふさした亀の瓦、破風も瓦。
img_4883

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます
ほんだ建築トップページへ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ