滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2018年7月14日

氏神さん 唐崎神社川裾宮 社務所改築に関わるの記 02

旧建物は老朽化し、かつ倒木で屋根に穴があいてしまってシートをかぶせられていた。
右側庇の手前、2本の足場丸太は、15年ほど前、雪で垂木がしわり折れかけていたので、
当時の区長さんと役員だった私が応急処置で立てたのがそのままだった。

img_0599

解体現場を見ていて、フスマの引手と鬼瓦だけ一対づつは取っておいていただいた。

フスマの引手は、新しいフスマに取り付けて頂きました。

img_2404

鬼瓦もどこかいい納まり場所がないかなー、と。ちゃんとした納まり所がないと、いずれ由緒もわからず捨てられてしまいそうなので、どうしようかなーと悩み中。文様は、沢瀉(オモダカ)の紋というよりはスケッチ。沢瀉紋は武家に多いと聞く、神社との関係はわからない。宮司さん宅は、井伊家の家紋で知られている橘紋とのこと。オモダカといい橘紋といい、由緒を辿ると対岸のどこかの武家との関わりがあるみたいだ。

img_2421

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます
ほんだ建築トップページへ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ