滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2017年10月31日

日曜日、久しぶりにマキノ高原へ

昔は、マキノスキー場って言ってましたが、最近はマキノ高原

名前が示すように、昔はスキー場として有名でしたが、最近はキャンプなどの屋外リクリエイション&宿泊が主。冬のスキーについては、大人向けは箱館山や国境スキー場に譲り、マキノは子供の雪遊びグラウンドみたいなイメージで、最近は住み分けしてるみたいです。

この日は、キャンピングカー愛好家の団体の会でもあったのか、ずらりとキャンピングカーが並んでました。普通はそのあたりテントが花盛り、みたいになります。手前はグランドゴルフ。そしてマキノ高原は、赤坂山散策等のトレッキングの拠点ともなっています。

写真中央上は、以前は第二ゲレンデと言ってリフトもある多少勾配のあるゲレンデだったのですが、リフトの老朽化により廃止され、その後は、広葉樹の森に返そうということで、植樹が行われました。余り育ってないのかな―。

写真左上の一番大きな山小屋は、私が独立して当初くらいの設計。電卓片手に構造計算した思い出の建物です、もう30年以上も前のこと。シルバーの屋根・白い壁は、自然公園法に合致しないと、自然公園課に指摘されたのを、スキー場としては似つかわしいはずと、「意見書」みたいのを付けて何とか通した思い出もあります。(当時は、景観について法律や条例作りに関わった人がいて趣旨にあっていれば意外と柔軟性があったが、今は無理だと思う)

171029makino

写真右下が「恋人の椅子」というものだそうです。全国にあるみたい。

171029makino2

写真の左側には、川遊びできるところや、林間のキャンプサイトもあります。

171029makino3

そうそう、温泉もあります。
日曜日に行ったのは商工会マキノ支部長としてグランドゴルフ&懇親会を主催したので。
その様子の後ろに大きく写っているのが温泉施設(さらさ)です。

img_0505

スキー場当時から続く民宿村は今も繁盛しているようです。
町の子供会や小中高校の屋外活動、大学のクラブ同好会の合宿などが、最近主なお客様のようで、ブラスバンド部用などに少し広い倉庫みたいな空き部屋を用意している民宿がいくつもあります。

(2枚目と3枚目の写真はマキノ高原のWEBSITEから拝借)

マキノ高原に、是非お越しください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます
ほんだ建築トップページへ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――