滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2017年10月29日

下手なスケッチですが、21号台風防風の被害

この前の台風21号で、「ちゃんとした建物」で屋根がめくれた建物がありました。
私の知っているところでは、体育館2ヶ所・道の駅と商業施設がそれぞれ1ヶ所。
ふと共通項があるな―、と思いました。

巨大な建物の壁面で、軒(ケラバ)の出のない
又は壁面に対して相対的に軒(ケラバ)の出がかなり短い建物の風上側からめくれています。
屋根上面のコーナー部分にかなり大きな負圧がかかってしまう、
建物形状になってたからなんじゃないかな―、と。

だからといって、その形が悪いというのではありません。
軒の出、屋根、っていうのは、かなり建物の印象を左右します。
かなり、デザインの範疇に含まれる部分かな、と思います。
軒の出のない大きな形を作る場合は、
それなりの強度のある取付け方を考慮しなければならないのだな―、という感じで、
受け取ってもらえればと思います。

171021kaze

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます
ほんだ建築トップページへ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ