滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2017年7月8日

足元廻りが腐らないように配慮する

土間床から目隠しの木製格子を作りたい、というご要望にお答えして。

土間コンクリート床に6φのボルト用のホールインアンカーを打ち込み、ボルトを立て、40角の既製品アルミ角パイプを立てる。アルミ角パイプの中にきっちりと35角の既製木下地品の角材が納まる。そういうのを900ピッチくらいに建ててその上に45角の土台を這わしてボルト締め、それを地にして縦格子を打ち付ける。
意外としっかりして腐りにくい納まりだと思う。
表から見ると、
アルミがコンクリート色になじんで、ちょっと宙に浮いた感が出てるのも、私好み。

img_1323

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます
ほんだ建築トップページへ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ