滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2017年6月14日

木造の番付、いろはにほへと・・・

おはようございます。
木造の図面を書いている。
プレカットでも、昔の大工さんの手板と同じように、XY座標を、いろはと数字で表す。
それに合わせて図面に番付を付けて行ったら
「いろは・・・うゐのおくやま」まで行った。私自身最大の木造だ。

大工さんの手板の番付と違うのは方向。
大工さんのつけ方は「下り番付」番号を上から下へ振ってゆく(のが多い)
いの一番が、右上。
プレカットの図面は「上り番付」番号をXY座標のように下から上へ振ってゆく、
いの一番(原点)が左下となる。
昔、何故だろうと思ったことがある。
そうだ、日本の書は、右上から書き始めるからだなー、と納得した。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます
ほんだ建築トップページへ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ