滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2017年3月6日

屋上に上って、外壁タイルの打診調査

外壁タイルの打診調査しました。といっても専門の調査会社にお願いしてなのですが。タイルを専用の棒で全面叩きながら(表面を転がしながら)その音で浮いている部分(剥落落下しそうな部分)を調べる調査です。意外とアナログ。

170307kutuki2

しかし、自然というのは理屈通りだなー、と屋上の雪の消え方を見て。冷たくなりやすい(コンクリートの厚みの薄い)スラブの部分に雪が残り、冷たくなりにくい(梁というコンクリートの塊があり熱容量の大きい部分)は、雪が融けている。水平な屋根の梁の位置が格子状になっているのがよくわかる。
それで思い出した。屋根に積もってる雪の量を見ると、人が住んでるか住んでないかがわかります。

170307kutuki1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます
ほんだ建築トップページへ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――