琵琶湖に別荘・セカンドハウスを建てるなら

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2007年8月21日

第2回高島市都市計画審議会

高島市景観計画(案)について、
という議題で第2回高島市都市計画審議会が行なわれました。
この会議でこの案の賛否を取るというのではなく、
案を説明し、意見を聴取するというスタンスの会議です。
既に、17年12月に策定委員会が設置され、
19年10月には条例が施行されるというタイムスケジュールの中で、
市の方としては、高島市都市計画審議会でも認めてもらったという
お飾りを付けるための会議という位置付けだったと思います。

しかし、以下の点についてこの条例には疑問がある、
ということを現状の写真などを提示しながら意見を述べさせていただきました。

1.この条例は、滋賀県の風景条例を踏襲しているが、S59年に制定されたその条例結果どうなっているかということの検証が全くなされていない。
その条例の私が思う問題点
◎建物の配置・形態・色彩それぞれの規制が、本当に良い景観を生み出しているといえるか。
◎条例に違反した物や条例対象外の物が景観を悪化させていることに対する措置がないこと。
2.地域に根ざした景観計画といいながら、その具体的なことが全く提言されていない。
旧来の日本家屋が並ぶ(文化的景観)を有する地域は、ほとんどといってもいい位に、
道路や水路上に、建物や塀の屋根がかぶさっている。
カバタなどは建物本体が水路上にせり出している。
それは現状をまともに捉えれば法律違反。
だから、新しく建て替えをしようとしたらその景観を守ることは出来ない。
それ自体が(文化的景観)をなしているのに、そのことについて全く触れられていない。

なお、この会議の議長である広原氏(龍谷大学法学部教授)は、
この会議は、「特に意見なし」ということで終わろうと思っていましたが、
貴重な意見が沢山出たので(私以外にも)それについてこの会議の意見としてまとめます。
ということで会議が終了しました。
景観計画(案)は、そのまま制定されることとなると思いますが、
この会議での意見を真剣に取り上げ、制定された条例を、
地域の実情に合わせて改定されることを願います。
なお、高島市では、8月31日まで、
パブリックコメントというカタチで、このことについて意見を聴取する形をとっています。

景観に関する今までの記事
高島市景観計画の会議が05(MYブログ07/08/17)
高島市景観計画の会議が04(MYブログ07/08/14)
高島市景観計画の会議が03(MYブログ07/08/13)
高島市景観計画の会議が02(MYブログ07/08/12)
高島市景観計画の会議が(MYブログ07/08/11)
楳図かずおさんの新築騒動(MYブログ07/08/02)
景観規制法律の一例(MYブログ07/07/31)
耕して天に至る?(MYブログ07/05/29)
電線と看板をなんとか(MYブログ07/05/26)
知内浜キャンプ場の吊り橋(MYブログ07/05/05)
景観とそれを規制する法律(MYブログ07/05/02)
今津浜・道路の景観 (MYブログ07/04/30)
今津浜の湖の家はどう?(MYブログ07/04/28)
かばた(川端)報道に思う(MYブログ07/04/27)
ガソリンスタンドがオブジェに(MYブログ07/04/13)
ザ・プリンス箱根-村野藤吾 (MYブログ07/04/05)
歴史的観光の勝ち組・妻籠 (MYブログ07/03/29)
豪雪と茅葺き屋根の被害No2(MYブログ06/04/09)
国立マンション考察 (MYホームページ・建築つれづれ草より)
町並み景観雑感 (MYホームページ・建築つれづれ草より

 

ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 住まいブログへ
 
ほんだ建築トップページへはこちらから

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ