琵琶湖に別荘・セカンドハウスを建てるなら

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2007年5月31日

日本の木にも団塊の世代が

日本の木にも団塊の世代があります。
日米開戦の大きな原因の一つとされているのは、アメリカの日本への石油禁輸措置です。
昭和史の真実-5、米国の本格参戦に向けた対日圧力
その後、国内では、日本にあるものを使おうということで
木をいろいろなものに利用することが進められました。
大きな飛行場の格納庫も木造、木炭自動車、松脂を燃料にと。
最近郷土資料館に展示されていた、戦闘機のプロペラも木の集成材で出来ていました。
そういう事情で、敗戦当時日本の山の多くがはげ山となっていたのです。
昭和20~30年代は、そのような山の復旧事業として、植林がなされました。
ですから、その頃植えられて現在、40~60年生の木は、団塊の世代と言えます。そして、
それらの木はちょうど、住宅建築用材として十分に利用できる太さに育ってきています。
私が仕事し始めた30年前位は、間伐材といえば、
直径10~15cm位の径のものをどのように利用するかというような話が主でしたが、今では、
間伐材といっても30年生のちゃんとした柱をとることの出来る20~25cmの太いものまで
範囲が広がっています。
そのような山の状況の中ではあるのですが、
最も木の消費を期待されている住宅産業は、安い外国産の木を輸入して使っています。

関連MYブログ
07/05/30彼は貝にならなくてよかった
07/05/31 日本の木にも団塊の世代が
07/06/01 木は山に生えていない
07/06/02 ちょっとアニメっぽい機械
07/06/03 林道は自然破壊か
07/06/06 熊本県の小国杉
07/06/09 林業にも年金と似たことが
07/06/13 林業関係の話
07/06/28 簡単に解体?緑資源機構
07/08/10 林業の問題は経済の問題
07/08/26 林業のことわかってる?
08/04/03造林公社と山林所有者の分収率が6:4から9:1に変更
08/06/18中腹までは杉林(マキノ山歩き03)
08/06/19林業の問題で、誰が責任を取らないと
08/06/23林業に専従して山のみで生活が維持できるか?
08/07/24今こそ、自分達(滋賀県民)のために嘉田知事を応援しよう

ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 住まいブログへ
ほんだ建築トップページへはこちらから

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ