琵琶湖に別荘・セカンドハウスを建てるなら

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2007年4月13日

ガソリンスタンドがオブジェに

近所のガソリンスタンドさんが廃業されてしまいました。廃業して間もなく、
エネオスの大きな文字とオレンジ色のストライプが真っ白なペンキで消されてしまうと、
その物体は見事にオブジェに変身しました。
070413gasstasion.jpg
白く伸びたキャノピー(ガソリンスタンド上屋)、
独立した真っ白のブロック塀、4本並んだ通気パイプ。
それらの清々しい雰囲気は、近代建築黎明期のリートフェルトの作品、シュレーダー邸
屋根や壁、手摺の鋼管のイメージと重なりました。
「物に通俗的な意味が消されてしまうと「ゲージュツ」に生まれ変わるよなー。」
と現場へ行く車中で同意を求めると「ソウデスネ」と納得した様子。
シュレーダー邸かどうかは別にして、その物の発する何かを似たように感じていたらしい。
その何かとは、
小便器を横において展示した作品、デュシャンのレディメイド「泉」と共通するものだと思う。

(追記)シュレーダー邸の解説を読んでいて驚いた。あの小品が世界遺産だという。
それなら、コルビュジェ・ライト・ミース・グロピウスなどが遺した近代建築の有名な作品は、
どれもこれも世界遺産にしなければならないような・・・

ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 住まいブログへ
 
ほんだ建築トップページへはこちらから

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ