滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2014年6月18日

地盤沈下による構造体のヒビ割れ

住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)致します(インフォメーション08/02/11)
実績詳細追加しました。
滋賀県立大学,田の浦ファンクラブ滋賀サポートチームが関わっている震災復興プロジェクトlink
私が設計したモデルハウスが売り出されます(高島の木の家づくりCM)
====================================

仕事でよく行く、今津の法務局の玄関辺り。
典型的な地盤沈下による、構造体のヒビ割れの例だな、と、前を通るたびに思う。
ので、今日は構造のお勉強。

この構造体、壁の左側の方が沈下している。
そのため、45°くらいに同じ方向のヒビ割れが幾筋も走っている。
四角い壁が、ひし形に変形しようとする。
コンクリートは簡単には伸びないので、対角線の長くなる方向の直角方向にヒビ割れが走る。
構造とか難しいこと考えなくても、感覚で理解できるのではないでしょうか。
基礎や躯体などで、
同じような傾向のヒビ割れを見つけたら、ちょっと専門家に見てもらったほうがいいと思う。

140618houmu

==========以下は、私の仕事のコマーシャル link===========
ほんだ建築トップページへはこちらから ◎ブログランキングbanner2.gifblogram投票ボタン
ほんだ建築工事進捗ブログ
はじめて家をと考えている方へ『打合せをうまく進めたい』

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。また、地元で長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
=======================================

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ