滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2014年3月23日

ヴォーリズ建築 今津郵便局に感激

重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観のfacebook
滋賀県立大学・田の浦ファンクラブ滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
高島の観光&イベント情報びわ湖高島観光協会>イベント情報
マキノ地域限定の観光&イベント情報マキノまちネットTOPページ
よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします にほんブログ村 地域生活ブログ 滋賀情報へ
=======================================

時計が止まった空間、というのはこういう建物を指すのでしょう。
当時の様子が、目の前に繰り広げられるよう。
案内の建築の先生に水を向けられた、昔ここに勤めておられた郵便局員さんが、
当時のことを、滔々と語りだされました。
それがとてもわかる気がしました。

長い間、倉庫として利用されていて、近年、空き家になっていたそうです。
それを昨年末から、有志の方によって清掃され、
それも一段落し綺麗になったので、昨日が、お披露目の会のようなものでした。
これから、修繕や利用方法を考えてゆくそうです。

個人的には、(住宅ではないのですが)
くみ取り式の便所・セメント整形の流し台に昔風のカラン・小さな燃焼装置(カマド?)と煙突。
石油系燃料が普及する昭和40年頃以前の日本の生活の形がそのまま残っていて、
それが「環境学習」的には、とてもいいもののように思われました。

今津には、他にもいくつかの面白い洋館意匠が残っています。

今津郵便局玄関 洋風とも和風とも付かない持送り付きの繰形付きの母屋。
&スクラッチタイルアーチ模様。
140322imazu08

やっぱり思った通り、鬼瓦には〒マークが
140322imazu09

裏側立面
140322imazu10

玄関脇の小扉。上げ下げ窓になっているバランス窓。
多分、扉と同じ重さの分銅が壁の中に仕込まれていて、どの場所でも止まる。
多分建築当時のまま。
夜間などの時間外の対応の窓口のようなものだろう。
140322imazu07

玄関入ってのすぐ右手のBOX
私書箱?のようなものだろうか?反対側にも同じように小さな扉が並んでいる140322imazu05

住所の区分け用の箱。
前かがみにならざる得ないようなスツールが、
手早く作業を進めなければならない、当時の様子を彷彿とさせる。140322imazu04

コーナー部を利用した家具と電話交換室の文字。
私もかろうじて覚えている、ダイヤルなしの黒電話。
交換手さんはここでお仕事をされていたのだろうか?140322imazu01

電話交換器室時代の残滓か?140322imazu03

郵便局長室の照明、意外と質素だが、上には飾り房が付いている。140322imazu02

建築当時の写真と、実際に使われていた時の様子。140322imazu06

ヴォーリズ建築 今津教会。
今は、幼稚園として使用されていて、耐震改修もなされ、リニューアルされたとのこと。140322imazu24

暖炉の煙突もお化粧直しをされた140322imazu23

塗り壁の出隅のRが、何だか優しい。水切の面台も、中々味がある。140322imazu25

内部 梁は、ヘリボーン模様のようなチョウナ(手斧)ハツリ仕上げ140322imazu22

ヴォーリズ建築保存運動をされている石井和浩さん(右側)140322imazu21

ヴォーリズ建築 ヴォーリズ資料館。IMG_2703

今津浜の石垣の上に立っている3階建の洋館(手入れされていないのですが中々の迫力)140322imazu32

浜通り近くの辻川通りに面する建物、
和風の屋根にかなりちゃんとしたアーチ窓が面白い。
140322imazu33
==========以下は、私の仕事のコマーシャル link===========
ほんだ建築トップページへはこちらから ◎ブログランキングbanner2.gifblogram投票ボタン
ほんだ建築工事進捗ブログ
はじめて家をと考えている方へ『打合せをうまく進めたい』
土地込み940万円のセカンドハウスのプラン (インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)します(インフォメーション08/02/11)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。また、地元で長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
=======================================