滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2006年10月16日

国連本部ビルとゲルニカのタペストリー

近頃、時節柄国連本部がよくTVに映る。
アレはコルビジェ(建築を志す人は必ず知っている建築家)の作品。
そして、政府の高官がインタビューを受けている後ろには、
ちらちらと、モノクロームのピカソのゲルニカの壁画が見え隠れする。
guernica1937pradomadryt3bx.jpg

あの絵を見て、みんなが「正しい」決断をしてくれればと願う。
それは「正義」の名の下の行動ではなく、
対立する全ての人々の最大が平穏無事な生活を送るための手法であるべき。

建築より絵画の方が世界に対する波及効果は大きいのかもしれない。
建物で、あのメッセージは伝えられない。

追記09/04/25
このブログは、イラクの占領統治移行時期に書かれたものです。
このページにリンクを付けるのに少し調べてみたら、
ニューヨーク国連本部、安全保障理事会ロビーにあるゲルニカは、
タペストリーで、かつモノクロームではなくカラーだそうです。
人間というのは思いこみでという色眼鏡で、世界を見ているようで、
自分の中の建築的常識と美術的常識で
大きい壁面を占めているからタイルの壁画、原画がモノクロだからニューヨークのそれもモノクロ
だと思い込んでいました。

関連リンク コバヤシ建築HP>広報コバヤシ03/03/18ゲルニカが隠蔽される
 このコラムは、イラク開戦時のもの。
 建築や美術に関わる者は、似たような視点を持っていると改めて思ってしまいました。


ブログランキング、ポチッと一つお願いします。
banner2.gif にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
  以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから
地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ