滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2014年1月29日

味があって、長持ちしそうな屋根素材

◎ 更新が滞っていた実績詳細追加しました。
◎ 弊社の住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション)
滋賀県立大学,田の浦ファンクラブ滋賀サポートチームが関わっている震災復興プロジェクトlink
≒100%高島産の木と高島の職人による家づくり モデルハウス開店中です(設計監理担当)
====================================

屋根の改修のお話。
今の屋根は、少し表情のある建設当時ちょっとお高めのカラーベスト(着色スレート)
機能とコストから、私の改修の定番のオススメは、ガルバリウム鋼板横葺きカバー工法。

お客さま曰く、
鋼板でもいいが、もう少し表情ある素材ないの?
確かに、ガルバリウム鋼板のサンプルは単色で、色ムラなど表情のある素材はない。

少し調べたら、輸入建材のようだが、
ガルバリウム鋼板に着色砂粒を貼り付けて、いい雰囲気の素材があった。

ただ、表面はシングルに似た感じのザラザラさで雪は滑り落ちそうにない感じがした。
(滑り落ちるのもケースバイケースで良い時とそうでない時があるのだが)

日本では、まだ大々的に用いられていなさそうなので、
何十年も外部にさらされる建築素材としては、ちょっと冒険かもしれないのだが、
カタログを見る限り長持ちしそうだし、一度使ってみたい気がした。

140129roof

==========以下は、私の仕事のコマーシャル link===========
ほんだ建築トップページへはこちらから ◎ブログランキングbanner2.gifblogram投票ボタン
ほんだ建築工事進捗ブログ
はじめて家をと考えている方へ『打合せをうまく進めたい』
土地込み940万円のセカンドハウスのプラン (インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)します(インフォメーション08/02/11)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。また、地元で長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
=======================================

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ