滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2006年7月31日

こぼちと知内浜と‐区役員の夏7

昨日は、川裾祭りの後片付け、「コボチ」
建物などを解体することを「コボツ」といいます。
方言かと思って辞書で確認すると「毀つ」という漢字まで出てくる古い言葉のようです。
区民を6つに割って出役。ですから、6年に1度順番が回ってくることになります。
朝の6時から始め、一時間程で終わってしまいました。
準備「建て」の方は半日もかかったのに、後片付けはあっけないものです。

その後は、一日知内浜キャンプ場の下働きに出役。
オートキャンプの車はほぼ満杯ですが、ビーチはゆったりしたものです。
060730chinaihma.JPG
同じサニービーチでも、
知内浜は宿泊の家族連れ、高木浜の方は日帰りの若者などが多い感じ。
昨日も高木浜の方はもっとにぎやかだったようです。
知内浜は、今年から犬のシャワー・洗い場・(浴槽?)・ドライヤーの施設を作りました。
設備は1ヶ所ですが、満車になった昨日でも行列ができるようなことはなく、
チラホラと使われている程度。ただ帰りがけは集中しそう。
また、「ドッグラン」が出来る囲いなども作って、
ペット連れのお客様にも対応できるようにしています。
ドッグランは、お客様の多い時には場所が取れませんので、
詳しくは、知内浜オートキャンプ場にお問い合わせ下さい。

件(くだん)の設備を見ながら、この頃のペットは人間と同等だなと思いました。
いや、工事金額からすると、ユニットバスの方がいくらも安いものがあり、人間以上。
役員会に諮られた時にも感じたことですが、現物を目の前にして、改めてそう感じました。

ビーチでは、ペットの犬を泳がせておられるお客さんがいましたが、
一度入ったら、もう嫌がって入らなくなる犬、
何度も飽きもせず、人間を引っ張りこもうとする犬、様々これも人間と同様です。

先週後半は何だかんだで、あまり仕事になりませんでした。
今日からは、仕事モードに切り替えてがんばらねば・・・

 

ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 地域生活ブログへ
 
ほんだ建築トップページへはこちらから