滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2006年7月7日

安曇川「たいさんじ風花の丘」オープン

安曇川「たいさんじ風花の丘」オープンという記事がありました。
高島市安曇川町田中泰山寺のこのあたり
高島市食と農の交流施設「たいさんじ風花の丘」という施設が
7月15日(土)にオープンするそうです。

こんな建物です。
写真の出典は、湖西・森と里と湖のミーュジアムミュージアムブログ【本館】です。

P1030197.jpg

市の事業自体については何ら不満もあるわけではありませんが、
どうしてこんな建物になってしまうのだろうと思いました。

◎多分4~5年もすれば、壁の上の方から、雨と埃による汚れが付き、
 みすぼらしくなってしまうのが目に見えている、形態と色彩。
◎看板や案内表示一つ、貼り付けてしまったら、
 すぐにみっともなくなるような、洗練されすぎたデザイン。
◎このような形を木造で作ったら、どこかで雨漏りがしそう。
 木造は風や地震・積雪などの外力や、気温などの環境の変化により、
 変形を繰り返します。変形の繰り返しによる亀裂が雨漏りを発生させます。
 その繰り返しの変形に耐える「形」が、木構造の建物には求められると思いますが、
 この建物の「形」は、一見した所、
 それらに対して安全な「形」にはどうしても見えません。

公共の建物なのに、なんでこんな形を作ってしまうのだろう。
設計者のデザイン力があることはわかりますが、
今後長きに渡って風雪を耐え忍ばなければならないものに、
原寸大の模型のような建物を作ってしまってことに、疑問を感じます。

一般的な話として、ある一面では、公共が若手のデザイナーのパトロン的存在となっている
ということがあります。
そこから、大きな建物を手がけられるようになった建築家も多いのではないかと思います。
でも、その残された建物には、未熟な部分が残ってしまい、メンテナスに苦労するという話は、
そこココで聴かれます。

公共の建物は、新築する時は、色々な補助金などを使って、事業費が出ますが、
なかなかメンテナス費用が出ません。
民間なら、利益が出れば、そこでメンテナスをして継続する、
出なければ、細々と営業しつつ最終的には閉店、ということになります。
しかし、公共の場合、例え利益が出ても、それは運営者の利益であり、
そうなれば地域の活性化に寄与した建物ということにはなりますが、
それを「メンテ費用として積み立てる」というお金の流れにはなりません。
メンテはまた市で予算を組んでという話になるのです。
そして、このような金額の建物は、野菜を売っているだけでは、
多分、普通の会計でいう「減価償却」すらままならないはずです。

ですからなおのこと、メンテナスフリーに近い建物を作る必要があると思うのですが・・・
最後になりますが、出来たからには、繁盛することを祈念いたします。

メンテナスフリーについての関連記事 自慢話を一つ-マキノ駅前駐輪場
「現代建築」の形についての関連記事 渡辺篤史さん

ランキング、ポチッと一つお願いします にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへblogram投票ボタンbanner2.gif 
以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ
◎ はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込、940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから
地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ