琵琶湖に別荘・セカンドハウスを建てるなら

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2013年2月17日

5尺8寸 18貫目 (私の身長と体重)

滋賀県立大学・田の浦ファンクラブ滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
高島の観光&イベント情報びわ湖高島観光協会>イベント情報
マキノ地域限定の観光&イベント情報マキノまちネットTOPページ
よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします にほんブログ村 地域生活ブログ 滋賀情報へ
=======================================

以前、セカンドハウスを建てたお客様から、「体重計いらない?」とのメール。
「いらないのだが、ゴミで捨てるのも何だか」とのこと。
確かに、鋳鉄製で中々の迫力、目盛にkg以外に貫目表示があるのが年代物の証左。
「いらない?」と言われても・・・、と数週間過ぎた。ぽっと思いついて、
マキノ高原温泉さらさの支配人さんに話をつないだら「無償なら」とのことで、相談成立。
今日、さらさへ持っていった。 実物を見て支配人さん
「昔のモンやさかい頑丈そうやな―、
長く使わさしてもらうわ。田舎の温泉やし、このレトロ感似合うようにも思うし」 とのこと。
大阪で第1の人生の役割を終えた体重計は、マキノで第2の人生を過ごすこととなりました。

それなりに立派なものは、誰が見ても捨てがたい。
行くことがありましたら、体重計に乗って、何貫目か?と使ってやって下さい。

そんな用事で出かけたら、日曜のマキノ高原は、一面の雪景色で、活況でした。

==========以下は、私の仕事のコマーシャル link===========
ほんだ建築トップページへはこちらから ◎ブログランキングbanner2.gifblogram投票ボタン
ほんだ建築工事進捗ブログ
はじめて家をと考えている方へ『打合せをうまく進めたい』
土地込み940万円のセカンドハウスのプラン (インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)します(インフォメーション08/02/11)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。また、地元で長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
=======================================