滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2006年4月20日

建築士は楽しい仕事のハズ

弁護士などと比較しても、建築士ほど心持ちのいい商売はないはずなのである。
なぜって、弁護士は、揉め事のどちらか一方に加担して、
その揉め事を法律に基づいて解決していく。
揉め事がないと商売上がったりだし、どちらか一方に加担するということは、
いくらもう一方が悪者だとしても、100%悪いということはほとんどありえない。
建築士は、個人や会社や公共が、それぞれの幸せを願って、
大規模な投資を行うときのお手伝いをすることが業務。
まともに行けば、
投資した方も、請負った建設会社も、その建物を利用するみんなが幸せを享受するハズ
人に一片の恨みを買うこともない、心持ちのいい商売のハズ。

でも、この建設業界には揉め事が多い。
「クレーム産業」などという言われ方もされたりする。

その大きな一因は、動く金額の大きさが何かを狂わせて言ってしまうような気がする。
2000万円の家を買う場合、2万円の服を買うのに考える時間の1000倍の時間をかけて、
その家のことを考えるなら、揉め事はずっとへると思う。
でもたいがい、そんな時間はかけられない。
誰かを「信頼」して、お金を預けるような行為がどうしても生じてしまう。
金額が大きいだけに、
その「信頼」を悪用したり、ちょっとごまかしたりする人があとを立たないのだと思う。

それと、「まだ見ぬモノを作る」ということの、
コンセンサスの取り方が、難しいんだなー。
2020東京オリンピック国立競技場問題なんかは、それの典型のような気がずるし、
自分の日常の仕事まで引いてきても、
ちゃんと説明したつもりだったのに、「お客様の常識」と「建築プロの私の常識」
みたいのが、かみ合わなかったりして、細かい祖語は、いくつもできてきてしまう。

謙虚であらねばならぬ、とはいつも思うのである。

(2016.12.25加筆修正)

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ