滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2006年4月8日

豪雪と茅葺き屋根の被害

久しぶりに、マキノ町在原の親戚の家を尋ねて驚いた。
つらい風景。今年の豪雪により、壊れた茅葺き屋根の家がそこここに見受けられた。

060408_1209~0001.jpg

060408_1208~0001.jpg

在原の地は、全国的に見ても数少なくなってきた茅葺き屋根の集落の一つ。
多分、ブルーシートがある家は、少なくとも地元に所有者がいる。
それのない家は、遠方に出てしまった人の家だと思う。
こんな冬が、高齢者の多い集落に、維持保全の気力をそいで行ってしまい、
一つまた一つと、茅葺屋根の家が取り壊されていきそうで、とても心配になる。
誰か、維持保全してくれる個人が出てきてくれないのだろうか。
山里とはいえ、在来の集落なので、電気、電話、給水はもちろん、
環境行政の進んでいる滋賀県。下水道も完備(農村集落下水道)。
関西電力系のケイオプティコムの光ファイバーが届き、
山間の既存集落のため、TVアンテナの共同受信設備もあり、
町としての基盤はほぼ整備されている。
豪雪地帯ではあるが、人の住んでいるので、必ず除雪は毎日されている。
JRマキノ駅から車で20分。

何とかならないかなー。

なくしたくない風景の一つが、今、風前のともし火状態。

 

ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 地域生活ブログへ
 
ほんだ建築トップページへはこちらから