琵琶湖に別荘・セカンドハウスを建てるなら

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2011年5月13日

今年の春は、黄砂が一段と激しいような(11/05/13)

よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします にほんブログ村 地域生活ブログ 滋賀情報へ
=======================================
今日(11/05/13)は、久しぶりの晴れ。
雨続きの後のこんな日は、春霞の空気の塵が洗い流されて、
鮮やかな山の新緑の緑が目に飛び込んでくるはずなのだが、
今日はすでに、黄砂で山は煙ってしまっている。

この時期の山を見ると、こちらに移り住まれたお客様の記憶に残る一言がある。
「毎年、あの山のあの辺りがいつも最後の残雪なんですよね。」
と、指差された山の頂上付近に、確かに、白いものが見えた。
地元にいながら、そんな景色を一度も気に留めてみたことはなかった。
今日も、数年前のその一言を思い出して山を見たら、まだホンの少し残っていた。

浜へ下りてみると、琵琶湖が大増水のよう。
いつもは、漁港の作業用の通路になっている部分が冠水していた。
今冬の大雪で今年は水嵩が多い上に、この2,3日の雨が重なったためのよう。
南郷洗堰は全開とのことだが、琵琶湖の水位は+56cmとのこと。

寒い冬が続き桜の開花は、かなり遅れた。
しかし、ここ数日はまるで梅雨の雨のように蒸し暑い感じ。
冬から夏へ一足飛びのように感じる、今日この頃である。

==========以下は、私の仕事のコマーシャル link===========
ほんだ建築トップページへはこちらから ◎ブログランキングbanner2.gifblogram投票ボタン
ほんだ建築工事進捗ブログ
はじめて家をと考えている方へ『打合せをうまく進めたい』
土地込み940万円のセカンドハウスのプラン (インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)します(インフォメーション08/02/11)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。また、地元で長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
========================================