滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2010年6月28日

鳥人間コンテスト、ことしはやるんだ。(2010)

よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします にほんブログ村 地域生活ブログ 滋賀情報へ
=======================================

この一年滋賀県立大学の社会人講座に毎週通う事になっている。
通いなれた彦根の湖岸に異様な構築物が!すぐわかりました。TVで何度も見たことがある。

人気もなく、立ち入り禁止のバリケードが立っている工作物(仮設足場)を見て、
「つわものどもの夢のあと」ではなく「夢のまえ」、目の前に以前の映像が思い出されました。

100626toriningen.JPG

今年は、鳥人間やるんだ。確か昨年は中止になって、
もう琵琶湖彦根の夏の恒例イベントがなくなるのかと思っていたら、復活していたらしい。
公式HPを見ると、7月24日(土)・25日(日)とはなっているが、
一ヶ月前なのに、まだ詳しいタイムスケジュールはUPされていない。
TV局の公式HPということで、万が一にも変更や間違いが許されないからなのか、
それとも以外とアバウトなのか?

看板を見ると「公成建設」。確か、京都の五条通りに本店ビルを構えるゼネコンさん。
看板が何度も使っている様子なので、毎年あの会社が仮設足場を請け負っていたのか。
そういうと、
国定公園第1種特別地域の湖面に工作物を構築。自然公園法の許可と河川占用許可は絶対必要、
交通や安全の関係で警察の方も関係するかな?毎年の事ながら手続き大変だろうな。などと、
他人事ながらつまらない事に頭が回ってしまうのは、この分野で30年も飯を食っている性(さが)。

初めて、ここが開催場所だと知ったのですが、
湖岸道路から水際までの砂浜の巾が狭く、またどこに大きな駐車場があるのだろう?と思われ、
以外とこじんまりした場所で行われているのだと知りました。(周辺道路は大渋滞になりそう?)
知っている人にとっては、全く新鮮味のない情報のブログでした。

関連HP ◎読売TV公式HP>スペシャル>鳥人間コンテスト

=======以下は、私の仕事のコマーシャル===================
ほんだ建築トップページへはこちらから ◎ブログランキングbanner2.gifblogram投票ボタン
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08みんな打合せをうまく進めたい
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
========================================