滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2010年2月22日

東京は「デカ」なのである。(おのぼりさんの東京1)

よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

2月17,18日と久しぶりに東京へ行ってきました。
(社)文教施設協会の耐震補強マニュアル講習会を受講するためである。
まー、それなりに面白い話も聞けたし、講習会の内容自体にはそう文句もないのが、
2日間で28,000円の(講習会費+本代)は、ちょっと高い気がする。
何だか、こんな費用も天下り法人の糧になっているような気がして釈然としない。

それはそれとして、久しぶりの東京はデカなのである。
100218tokyost2.JPG
東京駅前はこんな風景なのである。
100218marubild1.JPG
東京駅前の新丸ビルはデカイのである。
100218marubld2.JPG

100218marubild3.JPG
参考までに1Fの公共通路が、こんな豪華さとデカさなのである。
100218tokyojp.JPG
前鳩山文部科学大臣が注文を付けて保存計画が変更された
東京郵便局(5階建て延36,000㎡)が小さく見えるのである。
100217douro1.JPG
何か、巨大なビルの壁面にしては、窓がないなー、と思っていたら、
100217douro2.JPG
巨大な自動車道のループ上のインターチェンジのようなのである。
100218mansion.JPG
少し古いマンションは、エアコンの室外機を交換をするのに、
命がいくつあっても足りないような巨大さなのである。
100217ikadai.JPG
町の中でも、4階建の横にタワーパーキングや13階建て、その又後ろが20階、又その後ろに数十階の高層ビルがひしめき合って立っている感は、ちょっと壮観である。
100217moai.JPG
大きなモアイ像の頭は、後ろが喫煙スペースとなっていて、心なしか煙たそうなのである。

関連HP

三菱地所設計>新丸の内ビルディング
新丸の内ビルディング・オフィシャルページ
東京の建築遺産50選 > 東京中央郵便局
◎06/05東京中央郵便局庁舎保存要望書-DOCOMOMOJapan 代表 鈴木博之(PDF)
◎08/06日本郵政グループ-東京中央郵便局の再整備計画について(PDF)
◎09/03東京中央郵便局 保存部分2倍で合意 – MSN産経ニュース

MYブログ おのぼりさんの東京 (2010/2/17~18)

◎10/02/22 No1 東京は「デカ」なのである
◎10/02/23 No2 東京はカッコイイのである
◎10/02/25 No3 オーディオテクニカ・テクニカハウス
◎10/02/26 No4 明治のきらめき、旧岩崎本邸
◎10/02/27 No5 赤門をくぐって安藤詣で
◎10/03/01 No6 ビルの外観保存修景
◎10/03/02 番外 米原駅西口サイクルポート

以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築トップページへはこちらから ◎ブログランキングblogram投票ボタンbanner2.gif 
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ
◎ はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込、940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ