滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2006年1月30日

ヒューザー、総研、東横イン

ヒューザー、総研、東横イン

なんだかなー(阿藤快風)。
みんな、元々のコンセプトは、着眼点も良く、すばらしい。
だから、急成長したり、全国に何十棟と建てたり出来たんだろう、と思う。
当初の理念を考え実行した人は相当の先見性があったはずで
その通り進めば、賞賛こそあれ、非難などなかったハズなのに。
どこで、その理念が捻じ曲げられてしまったのだろう。

別の正しい新しい「ヒューザー、総研、東横イン」はみんなを幸せにしてくれるはず。

正しいヒューザー 30坪のマンションを安価で供給する。
色々なしがらみの中で、
大きくても25坪位のうなぎの寝床型立体住居しか計画できなかった私としては、
ヒューザーの平面プランは、うらやましく思えました。

正しい総研 世の中に必要な多くの同じような形の建物を安価で供給する。
有名建築家や有名になりたいかけだし建築家のヘンなデザインの公営住宅には、
辟易するものがあります。

正しい東横イン これは、違反さえしなければそのまま、
ターゲット客を絞ったローコストで宿泊できるビジネスホテル。

既成の秩序を構成している、
大手財閥系マンションメーカー
大手のゼネコン(建設会社)
一泊12000円に胡坐をかいているホテル

そんなものに風穴を開ける真の正しい「ヒューザー、総研、東横イン」は、
世の中に出現が期待されているはずだ。 

ブログランキング、ポチッと一つお願いします。
banner2.gif にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ

情報交換がリアルタイムである必然性のないこのブログ、過去記事でもコメントTBをご自由に

以下、私の仕事のコマーシャルです。

ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから


地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ