滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2006年1月28日

東横インの事件no1

近頃、建築にまつわることが、一般紙のトップ記事によくなります。
この事件については、「私は時代が少し動いてきたなー」と思いました。

下記は、昔感じていた事の一文です。

違反のヤリ得にならない立法手法を望みます。

景観条例でも、福祉条例でも、良く読んでみると、
罰則っていうもんがない。
結局、努力規定みたいなもんで、違反したら違反のやりどくみたいなきがする。
結局、そうして、きまじめな企業がいらんコストをかけて、
すばしっこい企業に負けたりして。
やっぱ、法律には、罰則規定がないとあかんと思う。
それがあまねく万人に法律をゆきわたらせる、テクニックではないかと思う。
コストに厳しいオーナーは、「いらんことはせんでよろしい」という結論になる。
社会的・公共的なんて槍は、コストという盾の前では、歯が立たない。
そして、そういうオーナー程、ちゃんと会社を大きくしてるような気がする。

今度の場合、東横インの社長は、
適法どおり復旧するといっています。
これは、大きなニュースになって、会社のイメージダウンを避けるために
仕方なくやったという気がします。
これが、ニュースにならなかったら
役所は、是正命令を何度も出しっぱなし。是正工事せず。
それで、数年が過ぎて、役所の係の担当官も入れ替わりうやむやに終わる。
現状追認。という経過になったのではないかと思います。
純法律的には、横浜の福祉条例も、
強制代執行まで行えるようなものではないと思います。(間違っていたらすみません)

 

ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 住まいブログへ
 
ほんだ建築トップページへはこちらから

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ