滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2009年10月28日

輪廻、浄化槽と抗生物質

ある、大学の先生の自宅建設や改修などのご本人の経験を通じて
耐震のことや、環境と暮らしのこと、のお話をうかがうことが出来た。
その中の印象的な一言。
そのお宅では、合併処理槽からの排水を再度利用して、トイレの洗浄水として利用している。

「・・・浄化槽をちゃんと機能させるには、私が健康でなければならないんですよ。
病気をして、抗生物質を使ったりすると、すぐわかるんです。
抗生物質は、体内にも残って作用するんですが、残りは尿などで排出される、
そうすると、浄化槽の中のバクテリアもそれにやられて弱ってしまうんです。
今まできれいだった水が薄茶くなって、明らかに機能不全をおこしているのでわかるんです。
だから環境に良い暮らしをするためには私達は健康でいなければならないんです。・・・」

講演を聞かれた中に、水処理の専門家がおられて、後から次のような発言をされた。

「先程の浄化槽の話の部分ですが、公共下水でも同じことなのです。
基本のシステム的には、浄化槽を大きくしたようなものですから、いくら高度処理を施しても、
抗生物質を処理できない。
(調べていないのでわかりませんが、滅菌処理などをしても抗生物質が壊れないらしい)
下水処理場をすり抜けて自然界に抗生物質がそのまま流れ出しているのです。
そうすると、抗生物質に耐性のあるものが自然界で発生する可能性がでてくる。
先生のお話は、今後の下水処理の大きなテーマ(問題点)でもあるのです。」

現代の高度な医学の発達が、廻りまわって、こんなことで自然界の影響を与えているのか・・・
「輪廻」という哲学的な言葉が頭の中にポッと浮かびました。

ポチッと一つお願いしますにほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへblogram投票ボタンbanner2.gifレビュープラス
以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ
◎ はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込、940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから
地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ