滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2009年10月10日

交通事故・獣害・里山-カモシカについて思う

おととい、ピックランドのメタセコイヤ並木を走っていたら、
目の前を2匹連れの、ニホンカモシカが横断してドキッとした。
きのうは、R303マキノから西浅井へ抜けるトンネルの出口からちょっと行った所で、
交通事故にあった、ニホンカモシカの死体を見た。シカの活動期なのだろうか?
091009shika.jpg
そういうと、知合いの老人の方が、
「カモシカとぶつかると、軽トラ全損や。ナンセ向こうも大きいさかいに。
夜やったニャ(んや)けど、こっち見て、止まってしまいよるンヤ。逃げたらエエのに。」
と、こぼすのを聞いたのは数年前の話だ。

湖北湖西の道路を走られる方、本当にカモシカやサルが横断することがあるので、

真っ直ぐな道で車が一台も走っていなくても、ちゃんと前を見て運転して下さい。

などと、思いながら、近江環人地域再生学座を受講する道すがら思っていたら、
その日の講義が、里山や獣の話。

我々の生活が化石燃料に依存し、
小径木・枯れ枝や枯葉・炭などを、燃料としなくなってから4~50年、
それらを取得するために、里山に人手が入り、明るい雑木林が形成されていた昔から、
手の入らなくなった現在の里山の多くが、暗い林になり、
環境的遷移が進み、植生自体が変化してしまっているとのこと。
そんなことも、獣害の原因の大きなファクターだ、とのお話は、
何もかもが繋がっているのだな~、と思ってしまいました。

滋賀県立大学-野間直彦氏
   (今日の講義「里山の生物の現状、獣害新しい里山の利用と暮らし」の先生)
獣害を防ぐための里山管理
   (2005里山環境における鳥獣害問題の課題を探る-野間直彦先生講演概要)
白王里山再生プロジェクト(その実施例の報告)
環境教育を考える大学院生のブログ(白王里山再生プロジェクト参加者のブログ)
◎ 関連MYブログ 07/12/15マキノ町在原の山へ

ランキング、ポチッと一つお願いしますにほんブログ村 地域生活ブログ 滋賀情報へblogram投票ボタンbanner2.gif
  以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08みんな打合せをうまく進めたい
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆