滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2009年10月4日

平等院鳳凰堂鳳翔館(付属博物館)は、フラットルーフ

近江環人(地域再生学座)という、滋賀県立大学が行う社会人にも開かれた講座を、
一年間受講する事にした。
昨日一昨日とは、その入学式とオリエンテーション風の講座を受けた。
その中で、
県立大学の布野先生という方が宇治市都市計画審議会会長を長年されているということ。
その方の景観に関する考え方などのお話が少し聞けた。

そして、すとんと腑に落ちたことがある。

以前、平等院鳳凰堂鳳翔館(付属博物館)に行った時、
建物の質もさることながら、あの場所に四角い箱型の建物を作れたことに、
それを許した行政又は行政を説得した設計者の手腕に驚いた。
以前から、京都や琵琶湖国定公園の景観関係の法律に頭を悩ませていた私としては。
こんな方が会長or重責を担われていた宇治市都市計画審議会だから、
あの建物、あの計画が実現したのだと。

関連MYブログ 08/05/11国宝とモダンと-平等院と鳳翔館(付属博物館)

080510uji02.JPG

ポチッと一つお願いしますにほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへblogram投票ボタンbanner2.gifレビュープラス
以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ
◎ はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込、940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから
地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ