琵琶湖に別荘・セカンドハウスを建てるなら

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2009年9月20日

和風のあかり、三浦照明さん

この前のブログも商品の紹介みたいになったので、続けて今回ももう一つ。

和風のあかり、三浦照明さん

お店は、京都四条通突き当りにある八坂神社の交差点すぐそばの四条通北側、
京都に良くある二間半間口くらいの小さなお店。
十分に注意していないと見過ごしそうな、お店です。
始めて行ったのは、
設計修行をした大津の設計事務所の専務さんに連れられて、もう30年も前位、
少し高級な和菓子屋さんの設計の折でした。
商品カタログにある ふうふうMP竏窒S1 はその専務さんのデザインを
三浦照明さんが手がけられたものだと思います。

そのときの印象が、私に強く残っています。
和風・数奇屋、といわれるような建物なら、
並んでいるどの商品を置いてもぴたっとくる、という趣味の良さにです。
これが、「京都」なのだなー、と思いました。

価格的には、良いものは当然高いのですが、
シンプルなつくりの小さなものなら、2万円くらいからあります。
中々、そのような和の凝った仕事がなく、最近はたいていは、
照明器具メーカーのカタログから選んでしまっているのですが。
数年前、久しぶりに、和室の座敷のインテリア(04Km邸)の仕事をしました。
柱は面皮・造作は赤杉、といういわゆる数奇屋という部類のものです。
久しぶりに、お店にお伺いしたら、30年前の佇まいがそのまま、
置いてある商品も、当然色々変化はあるのでしょうが、
テイストは、30年前のままで、とても懐かしく思ってしまいました。
ペンダントを2本、買わさせて頂きました。

半年ほど前、「ホームページ開設しました」という、葉書を頂きました。
数年前ペンダント2本買ったときの名刺から、送って頂けたのかと思いましたが、
あんな小さな買物しかしない私ににまで、葉書が届くなんて。
京都銀行のCMも、「ながーーーーーーーい、おつきあい」とあるように、
小さな顧客でもちゃんと管理されておられる、
またここでも「京都」の商売の仕方を教えられたような気がしました。

ポチッと一つお願いします
にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへblogram投票ボタンbanner2.gif レビュープラス
以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ
◎ はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込、940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから
地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ