滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2009年8月28日

枝もたわゝになりたるが、まはりをきびしく囲ひたりしこそ・・・

徒然草十一段 です。

神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里に尋ね入る事侍りしに、
遥かなる苔の細道を踏み分けて、心ぼそく住みなしたる庵あり。
木の葉に埋もるゝ懸樋の雫ならでは、つゆおとなふものなし。
閼伽棚に菊・紅葉など折り散らしたる、さすがに、住む人のあればなるべし。
かくてもあられけるよとあはれに見るほどに、
かなたの庭に、大きなる柑子の木の、枝もたわゝになりたるが、
まはりをきびしく囲ひたりしこそ、少しことさめて、この木なからましかばと覚えしか。

現代語訳 〇徒然草 (吉田兼好著・吾妻利秋訳) 〇翻訳学者犬徒然草

そして、これは両方共、マキノの林間別荘地の中に良く見られる風景です。

090828kakoi2.jpg

090828kakoi1.jpg

上は果樹を、下は野菜畑を囲った林間別荘地の風景です。
田舎でゆっくり土いじり、という状況を許してくれないのが、猿です。
マキノの山裾の林間別荘地では日常的に猿が目撃されます。
そのあたりにお住まいの方は、猿の害に常に悩まされていて、
このような景色は、そこここで見受けられます。
鹿や猪の食害もあるのだそうです。

あまりそのような事に趣味のない私は、
それらの方々の努力や、
「猿もちゃんと見てる。やっと出来て取り頃やなと思う頃に、ごそっといかれてしまうんや。」
という悔しさを見聞きしないわけではないのですが、
これらを見ると、上記の徒然草の一文を思い出してしまいます。

ランキング、ポチッと一つお願いします にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへblogram投票ボタンbanner2.gif 
以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ
◎ はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込、940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから
地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ