滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2009年8月22日

住宅の工事予算(Q&A)

<質問>

工事予算を聞かれ答えたのですが、その場合 支払い能力がありそうだから、
と多目に見積請求されたりすることってあるのでしょうか?
例えば、2500万の建物を2800万というような

<回答>

工務店サイドからいいますと、
一つの物件が高額になることは、
経営的には非常にありがたいことです。
ですから、ローンとかで、ある程度収入がわかれば、
その範囲内で、出来るだけ高額になるような提案をするのは、
人情としてわかるようなきがします。
大きな住宅会社であればあるほど、
そのあたりの計算はされているようなきがします。
これは、あくまで建物が高額になればそれに比例して利潤も多くなる、
という常識的な話として受け取ってください。
儲け主義の業者や悪徳業者というのは、
どんな場合でもそれなりに悪知恵を働かすもので、それとは又、別です。
ですから、
貴殿の建てたい家とその価格を良く考えて決定されれば良いのではないか。
設計や見積の段階で、いくらでも交渉の余地はあると思います。

少しお金持ちの親戚に、一つ別荘でも建てませんか、
と、お願いしたら、
2000万あったら、100万の海外旅行が20回できる、
忙しく仕事をしていて、年に10日くらいしか利用せんとしたら、
そっちの方が余程有意義なお金の使い方や。
それに毎年、旅行しても、もう20回も行けんかもしれんしな~、
と言われて、妙に納得したのを覚えています。
年収の何パーセントを住宅ローンに振り向け、
余暇や趣味に何パーセントの金額を振り分けるかは、
あなたの決断次第でどうにでもなるものだと思います。
ただ、今の社会の制度では、
20回海外旅行をする分としてローンを組むことは出来ませんが、
住宅や別荘を建てるといえば、ローンを組むことができます。
それは、当り前のようですが、何だかそうでもないような気もします。
最後の方は、話がずれてしまいました。

ランキング、ポチッと一つお願いします にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへblogram投票ボタンbanner2.gif 
以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ
◎ はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込、940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから
地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ