琵琶湖に別荘・セカンドハウスを建てるなら

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2009年7月18日

暖房便座の電源をOFFにする

この前のある日、トイレに入ったら、便座がヒヤッとした。
蒸し暑い梅雨の朝には、それなりに気持ちがいいくらいだった。
暖房便座の電源がOFFになっていた。
嫁さんに聞くと
「切っといた。夏はなくてもいいやん、電気代もちょっとは安くなるん違う。」
とのこと。
確かにそうだ。それで、事務所のほうのトイレの暖房便座の電気は切りました。
全国の暖房便座の電気が
一斉に切られたら相当な省エネ効果になるのではと、ふと、夢想してしまいました。

以前、省エネのことで少し調べたことがあります。
それで、以外だったのが、断熱材などの素材などを十分吟味して作った住宅と、
あまりそのようなことを考えず、ローコストになることを重点に考えた住宅とでは、
エネルギー効率の悪そうなローコスト住宅の方が
実際にはエネルギー消費が少ない傾向になっていたことです。
なぜかと考えてみると、コストの高い住宅の方はそれなりに床面積も大きく、
かつ、断熱性が高くても、それを室内空間の快適性を上げる事にエネルギーを使ってしまっている。
つまり、片方は建物全体を暖房してしまっているが、片方はコタツ一つでガマンしている
というイメージです。
お金をかけた住宅の持ち主は結局ランニングコストにあまり頓着しない、
逆に、ローコストの住宅の持ち主は、やはりランニングコストにも目を光らせている、
ということらしい、という結論に達しました。

関連MYブログ
07/04/19TOTO(東陶とロックバンド)
08/01/15オール電化がエコとは限らない
08/11/20上段に構えて、原子力の問題自立自循環型住宅研究会フォーラム報告01
08/11/21深夜電力というエネルギー自立自循環型住宅研究会フォーラム報告02

ランキング、ポチッと一つお願いします。 にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへblogram投票ボタンbanner2.gif 
以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ
◎ はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込、940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから
地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ