滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2009年3月8日

昭和レトロの船場センタービル地下街

構想が始まったのは東京オリンピックの年(1964年)。大阪の都市部を東西に横断する幅員80mの道路建設が、この船場地区だけ進捗しないことがきっかけだった。高架と建物を一体化することで、用地買収に必要な巨額の費用を補てんし、大通りが商業活動を分断する危険も回避する。法制度や組織の枠を越えて、絵に描いたような「立体道路」が現実のものになった。  建築・土木の融合による市街地改造は20世紀を通じた理想だった。日本の高度成長が生んだ指折りの名品は、商都・大阪のど真ん中にあった。
基礎構造が一体なので1~10号館は登記上は1棟。都市の交通網と接続した「1棟の街」だ。新設された「船場中央」を館内の町名として、大阪万博開幕の前々日(1970/3/12)に開館した。 大阪市主導の下、日建設計工務(現・日建設計)などの設計で完成した。建物の上に高架の大阪市道(築港深江線)と阪神高速道路が積み重なる。建築と土木の合体である。 延べ面積は約17万m2。繊維卸店街やショッピング街などが入り、事務所の入居も多い。地下で地下鉄3路線と直結する。

以上 ケンプラッツ記事【ドコノモン100選】900mを超える建築・土木の融合─船場センタービル

そんな船場センタービル、先日大阪本町のとある会合に出席しました。
その近くの船場センタービルの地下街で昼食。
この建物、何だか時代が昭和で止まっている感じです。
入った和食定食屋の屋号がひらがなで「まどもあぜる」、筋向いの喫茶店が「純喫茶三輪」、
名前だけで笑ってしまいそうです。
どうも、建設当時からあまりテナントの入れ替えもないようです。
エスカレーターの壁のパネルもビスがなくなってしまったのか布テープで浮きを止められていたり。
こういう複雑そうな権利関係の建物はリニューアルといっても中々難しいのだろうな、
と思ってしまいました。
規模・建築コンセプトからテナントの現況まで、全てが昭和という時代の夢の跡のような建物です。

関連リンク 
ケンプラッツ-【ドコノモン100選】900mを超える建築・土木の融合─船場センタービル
建築浴のおすすめ-2008.04.15 建築浴MAP 005 船場センタービル(日建設計ほか、1970)
船場センタービルHP
テナントオーナー ㈱大阪市開発公社の船場センタービルHP


ブログランキング、ポチッと一つお願いします。
banner2.gif にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ

情報交換がリアルタイムである必然性のないこのブログ、過去記事でもコメントTBをご自由に

以下、私の仕事のコマーシャルです。

ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから


地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ