滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2009年2月5日

娘の通っている高校の耐震補強工事が終わりました

先日、高校のPTAの納会がありました。
娘の通っている高校では、PTA役員は3年間、
娘(息子)の入学と同時に役員になり、同じように卒業するシステムです。
高校のPTAともなると、行事の計画が大変、
中々目新しい行事も出来ず、幹部の方は毎年大変そうです。

納会で一杯飲みながら、ふと思いついたことがありました。
それが、今年度行なわれた高校の校舎の耐震補強工事に関連したこと。
娘に言わせると、うるさくて足場などでうっとうしくなるのが終わってせいせいした、という感じ。
でも
その現場から、学ぼうと思えば学べるものは山ほどあるようなきがします。
地震の事、地震と法律の関係、耐震補強という意味、その原理
工事とはどのように進められるのか、生徒と工事関係の動線の分離、現場の労働安全関係の規則、
など様々なことを配慮した現代のモノづくりのシステム
県の工事発注のシステム、設計から入札そして工事への流れ、
国の予算と、この工事との関係(補助金やその全体的なスキーム) etc.

工事にかかわった、公務員・設計者・現場監督などの方なら
それぞれに、実体験に基づく面白い話が出来ます。
それが、高校生の大学や就職の進路を考える上で、また実社会の見方を感じてもらえる
とても良い教材のようなきがしたのです。
先生となる、県の職員さんや建設会社の現場監督さんなら、ちょうど生徒の親の年代
職業や仕事に誇りを持っている
昼間のパパ・働くパパ RCサクセション・パパの歌の歌詞から引用した詞)
を見てもらえる絶好の機会でもありそうです。
修学旅行へ行かなくとも本当の現地研修が出来る
(総合学習という言葉は高校のカリキュラムにはないのかもしれませんが)
よい機会だったのに、と。
中々講演会などの良いネタがないのですが、そんなのを利用すれば、
何か面白そうなことが出来そうな気がしたのです。。
お酒の席での、深くは考えていない、ホンノ思いつきです。

関連リンク
建築物の耐震診断・耐震補強(国土技術総合政策研究所)
公立学校施設の耐震化の推進(文部科学省)
学校の耐震化はなぜ進まないのか(ベネッセ教育情報サイト)
RC造の耐震補強(Taishin NET)
ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
このブログ、情報交換がリアルタイムである必然性は全くないと思いますので、
過去の記事に対してもコメントやTBを歓迎します。気軽に書き込みして下さい。

以下、私の仕事のコマーシャルです。

ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから


地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ