滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2008年9月28日

軸組みを現した木造の建物(AN邸03)

AN邸は、木造在来工法のセカンドハウスですが、
梁や柱が化粧(室内外から見える)デザインになっていて、
現在の建築基準法で必要な金物をいかに見えなくするか、ということが、
設計や施工の重点項目となりました。
そんなに特別なことをしているのではありませんが、一つ一つを吟味しました。
この項は、ある程度専門知識のある人しかわからないかもしれませんが、
ご容赦お願いします。一々語句を説明していると話が進んでいかないので。

梁側面に羽子板が見えるのを避けるために羽子板ボルトの使用を止め、
パイプ羽子板-かくれんぼという金物を多用しました。
似たような商品でDボルトというのもあるのですが、こちらの方が安価だったので。
090928an02.jpg
090928an06.jpg

羽子板ボルトの使用を避け、同等耐力以上のビス止め金物を使用しました。
090928an03.jpg

又、V金物の代用で、コーナープレートという商品を使用しました。
090928an04.jpg

この二つの金物は、両方とも壁の中に納まって見えなくなるからです。

梁側面の継ぎ手金物を使用せず、梁を柱に差込み、二方差しの栓打ちの仕口としました
090928an01.jpg

筋違の金物です。最近はこの金物を使用しています。以前の認定金物だと、
柱・梁取り合いの入り隅部分が、
ホールダウン金物などでごちゃごちゃしてしまったりする場合があるからです。
090928an05.jpg

その他、ホールダウン金物を使用しないように、筋違の位置を良く検討しました。
ホールダウン金物を使用すると、真壁納まりの中に色々な金物を全て収めるのが
困難になり、施工不良を起こす可能性も否定できないからです。

金物の納まり関係の話を終わります。

関連MYブログ
◎09/09/17軸組みを現した木造の建物(AN邸01)
◎09/09/25軸組みを現した木造の建物(AN邸02)
◎09/09/28軸組みを現した木造の建物(AN邸03)

ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
追記) このブログの性格上、情報交換がリアルタイムである必然性は全くないと思いますので、
過去の記事に対してもコメントやTBを歓迎します。気軽に書き込みして下さい。

以下、私の仕事のコマーシャルです。
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから


地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ住宅建築は個人ができる大きくて身近な地域振興でもあります。

ハウスメーカーの保証。遠くの保証より、電話一本ですぐの距離にある工務店の方がレスポンス
がいいハズ。地元で長く続けられている会社はその辺の対応もしっかりしているものです。
ハウスメーカー
を選択肢から外して、家作りを考えてみませんか。

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ