滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2008年9月4日

はさ、秋の景色

工事中の現場を行き来するうちに、懐かしい風景に出会いました。稲のハサ掛けの風景です。
080904hasa.JPG
ハサ掛けとは、刈った稲を天日にて乾燥させる米の生産工程の一つです。
田舎でも、今の稲刈りはほとんどコンバインで、稲刈り・脱穀・稲藁切り撒きが一緒に行なわれ、
乾燥は、農協のカントリーエレベーターなどで人工乾燥されます。
ですから、ハサ掛けの景色はほとんどお目にかかれません。
小学校時代行き帰り、
ハサの抜けた穴ぼこがある刈入れ後の田んぼで泥まみれで遊んだことが思い出されました。
今思うと、何がそれほど楽しかったのか・・・  
和邇の小さい田んぼで出会った景色です。
ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 地域生活ブログ 滋賀情報へ

以下、私の仕事のコマーシャルです。

土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから


地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ住宅建築は個人ができる大きくて身近な地域振興でもあります。

ハウスメーカーの保証。遠くの保証より、電話一本ですぐの距離にある工務店の方がレスポンス
がいいハズ。地元で長く続けられている会社はその辺の対応もしっかりしているものです。
ハウスメーカー
を選択肢から外して、家作りを考えてみませんか。