琵琶湖に別荘・セカンドハウスを建てるなら

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2008年8月10日

マキノカントリーフェスタに、建築職人さんが大集合

平成20年9月27日(土)~28(日)に、例年通り
マキノピックランドにて、マキノカントリーフェスタが開かれます。
今年、商工会のマキノ建築振興会部会では、
そこで、ブースを借りて、マキノの職人さんの手仕事を披露したいと考えています。
詳細については、まだ検討中ですが、
大工さん自身が作った、伝統の木組みやその作り方、かんながけの実演などを考えています。
マキノの大工さん達は、
近頃はめっきり少なくなった木造の伝統的な工法を熟知しておられ、
その技術で、地元の神社仏閣まで建てたり修繕したりすることも出来るほどです。
そんな職人さんたちの技術を、生かす場がどんどん少なくなっています。
一度、それに少しでも触れていただいて、小さな増改築でもいいので
そんな大工や左官などの技術を披露できる場が広がればと思っています。
私もこの二日間は、現地でそれらの解説や建築関係のよろず相談コーナーをする予定です。
又、具体的なことが決まれば報告します。
ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 地域生活ブログ 滋賀情報へ

以下、私の仕事のコマーシャルです。

土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます。(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから


地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。
地場で仕事が完結する事は、ヒトやモノの移動が少ない環境負荷を軽減する選択であり、
かつ、住宅建築は個人ができる、大きくて身近な地域振興でもあります。

ハウスメーカーの建物。数億円の豪邸も建売住宅も同じようなサッシや外壁って何だか
変じゃありませんか。
とりあえずそこを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか。