滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2008年7月14日

丁寧な心ある改修や修繕(海津町歩き09)

6月の海津町歩きの写真の最後のUPです。
080620kousi01.jpg
変な格子を見つけた。
木の横桟の間に鉄の格子が入れられている。
良く見ると(この写真ではわかりませんが)、元々は木の格子だけの開口部だったよう。
外側に鉄の格子が納められて、その上から外額縁や白壁が塗られている。
多分何かの理由で、格子の間隔が荒すぎるので、
後から鉄の修繕で格子を入れて間隔を細かくしたのだろう。

080620kousi02.jpg
UPで撮っているので、左側が新しく、ごく最近に修繕されていることがわかると思います。
右側の古い格子に倣って、同じ形に修繕されて、色も新品で白くなってしまわないように、
黒い塗装が施されています。
軒先の瓦だけは、右側の真ん中にへこんだ丸の模様のある瓦は
今ではないので形が変わってしまってますが、それは致し方のないところ。

過去にも、現代でも、視覚的に違和感のない改修や修繕が施されている所を見て
心温まる思いがしました。
一人々々のこのような努力が、今回の重要文化的景観の選定にも繋がったのだと思います。
今後も、地元の人々が、
自助によって自分達のこの暮らしや景色を、大切でかつ居心地のよいものである、
ということを自覚しながら、維持し続けて、過ごせていければいいな~、と思いました。

関連MYブログ
08/07/14丁寧な心ある改修や修繕(海津町歩き09)
08/07/12動かぬ動物?達(海津町歩き08)
08/07/10鬼瓦LAST(海津町歩き07)
08/07/04まだ続く海津の鬼瓦(海津町歩き06)
08/06/29家紋の鬼瓦はたくさんあります(海津町歩き05)
08/06/28家業繁栄を願う鬼瓦(海津町歩き04)
08/06/27「水」という文字が多い鬼瓦(海津町歩き03)
08/06/26変り種の鬼瓦(海津町歩き02)
08/06/25海津町歩き01

追記) このブログの性格上、情報交換がリアルタイムである必然性は全くないと思いますので、
過去の記事に対してもコメントやTBを歓迎します。気軽に書き込みして下さい。
ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 地域生活ブログ 滋賀情報へ

以下、私の仕事のコマーシャルです。

土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから


地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ住宅建築は個人ができる大きくて身近な地域振興でもあります。

ハウスメーカーの保証。遠くの保証より、電話一本ですぐの距離にある工務店の方がレスポンス
がいいハズ。地元で長く続けられている会社はその辺の対応もしっかりしているものです。
ハウスメーカー
を選択肢から外して、家作りを考えてみませんか。