滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2008年2月16日

雪が降り続いています(08/2/16)

もうすぐ、区長代理という自治会の庶務のまとめ役の係りもお役ごめんです。
今日は、区長さんからお昼にお電話。雪が降り続くので、
神社の相当古い社務所の屋根の雪下ろしをしようとのこと。
不精で自分の家の周りの雪除けもしていないのに、神社の雪下ろしをしました。

080216jinja.jpg

この頃は、現場監督業と設計とでほとんど汗をかいたことがないなまった体には、
少しは運動になったかという感じです。
今年は、区長さんが何もかもして頂き、「ついていくだけ」と言う感じで過ごせたので、
こういう役に付き物の心労はほとんどありませんでした。
ただ、出役がやはり多いのは、仕方がないことかの知れません。
一昨日も、自治会の役と兼職になる神社の氏子総代として、
神社の松くい虫の樹幹注入による防除作業に立合い。

080215matsu.JPG

こんな作業風景です。ショットワンツーというアンプル状のボトルの薬剤を
木に小さなドリルで穴を開けながら設置していきます。
小さな木で4本、大きな木になると10本ぐらい注します。
木の活動が活発になり松脂が出るようになると注入できないそうで、
木の活動が少ないこの寒い時に「しなければならないそうです。
それにしても、松くい虫の被害は困ったものです。
今年は、境内の直径6,70cmの松が2本枯れてしまいました。
枯れるのも困り者ですが、その大きな木の伐採と処分には数十万。
こんな後ろ向きなことに緊縮財政の神社会計から支出しなければいけません。

ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 地域生活ブログ 滋賀情報へ
 
ほんだ建築トップページへはこちらから