滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2008年2月7日

一年分固定資産税を払わないで済む方法

一年分固定資産税を払わないで済む方法、といっても脱税ではありません。
建物を新築する際の、節税方法の一つです。
固定資産税は、1年に1回の評価、その評価する日は何時かということです。
その評価する日は1月1日です。(12月31日だったかな?)
ということは、その日に建物として評価できなければ、その年に課税することはできません。
住宅ローンなどで、銀行が家屋を抵当権設定しないと、ローンのお金が下りない、
という場合などはそうもいっていられないのですが
特段の事情がなければ、登記や役所の竣工検査など、
建物が完成したと確認できる日付を1月以降にすることで、
その一年分の固定資産税を払わないで済みます。
年末竣工の工事はよくあることですが、
少し注意するだけで一年分の固定資産税を浮かすことができるのです。
 
土地の取得の場合はそういうことはありません。
土地の売買の場合は、その売買の際に、その年の分の固定資産税を按分します。
例えば、1月に売買した場合は、
買った人が11/12、売った人が1/12の固定資産税を払うように分割して
売買代金の中で清算されることになっています。 
昨日、不動産の税金のことを書いたのでそのときに思い出したことを書き留めました。

ブログランキング、ポチッと一つお願いします。banner2.gif にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
 
ほんだ建築トップページへはこちらから

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ